脱毛の基礎知識

脱毛する前に知っておくべきこと

溶解のメリット・デメリット

脱毛してムダ毛のお手入れをすることは、もはや当たり前になっています。自宅で自己処理のお手入れをしている方も多いと思います。自己処理の方法は、大きく分けてわけて、カミソリでそる、脱毛クリームやローションで毛を溶かすもの、脱毛ワックスなどで抜く、家庭用脱毛器を使う、などがあります。
家庭用脱毛器以外で、人気があるのか、脱毛クリームやローションといったものです。
脱毛クリームのメリットは、カミソリ処理の場合少し毛が生えてくるとチクチクしますが、毛を溶かしているので、チクチクすることもなく、処理後しばらくはお肌がつるつるになります。カミソリより生えてくるのも遅いです。反対にデメリットは、結局は一時的なもので、また毛は生えてきてしまいます。
また、毛を溶かして処理しているので、肌の弱い方は注意する必要があります。毛を溶解する成分として、チオグリコール酸カルシウムというものが配合されていて、これが毛髪を構成しているケラチンタンパク質を分解して溶かします。さらに、この効果をより高めるために、アルカリ剤が配合されており(水酸化カルシウムが使われることが多いです)、これが、肌に刺激を与えます。
人間の皮膚も、タンパク質でできているため、きちんと使用方法を守って使用しないと、肌トラブルの原因になります。お肌の弱い方は、使用には慎重になったほうがいいでしょう。長期間、定期的に使用するのは、お肌にもそうとう負担がかかりますので、本格的に脱毛したい方は、サロンなどで永久脱毛を考えられたほうが良いでしょう。とりあえず旅行前に一時的に処理したいとか、そんな使用がおすすめです。

コメントを受け付けておりません。