脱毛の基礎知識

脱毛する前に知っておくべきこと

レーザー

医療機関では、レーザー光線を利用した脱毛施術が行われています。光線は、波長の長さによって特定の色や物質に反応する作用がありますが、その性質を利用し、青や赤、黒の色を感知して、集中的に熱を加えることで、組織を破壊することができます。その性質を利用し、黒色や茶色に反応する光線を利用し、毛に含まれるメラニン色素に熱を加え、毛根や毛根周辺にある毛母細胞などに熱を加えることで毛が再生しにくいようにします。もともとはホクロやシミ、ソバカスなどの治療に使われていましたが、ターゲット以外には損傷を与えない、メラニンにしか反応しないという性質がムダ毛にも効果があるということで利用されているのです。

この脱毛方法は、光線の種類によって適切な肌質、毛質が違うため、施術を受ける人に合わせて選択することで効果的に脱毛することができます。ただ、体のどの場所でも脱毛できるわけではなく、光線は黒いものに反応する性質があるので、色素が濃い乳首や性器、肛門周辺、濃いシミやアザ、盛り上がっているホクロなどにも光線を照射するとやけどなどの肌トラブルの原因になることがあります。

しかし、薄いシミやアザ、ソバカス、ホクロなどに光線が照射されることで無くなったり、顔全体に照射すると、薄いシミがなくなって色白になるという効果もあります。色素の含有量が少ない産毛などは毛根を破壊するだけの熱をため込むことができないため、あまり効果が期待できません。

コメントを受け付けておりません。