脱毛の基礎知識

脱毛する前に知っておくべきこと

溶解のメリット・デメリット 溶解のメリット・デメリット はコメントを受け付けていません。

脱毛してムダ毛のお手入れをすることは、もはや当たり前になっています。自宅で自己処理のお手入れをしている方も多いと思います。自己処理の方法は、大きく分けてわけて、カミソリでそる、脱毛クリームやローションで毛を溶かすもの、脱毛ワックスなどで抜く、家庭用脱毛器を使う、などがあります。
家庭用脱毛器以外で、人気があるのか、脱毛クリームやローションといったものです。
脱毛クリームのメリットは、カミソリ処理の場合少し毛が生えてくるとチクチクしますが、毛を溶かしているので、チクチクすることもなく、処理後しばらくはお肌がつるつるになります。カミソリより生えてくるのも遅いです。反対にデメリットは、結局は一時的なもので、また毛は生えてきてしまいます。
また、毛を溶かして処理しているので、肌の弱い方は注意する必要があります。毛を溶解する成分として、チオグリコール酸カルシウムというものが配合されていて、これが毛髪を構成しているケラチンタンパク質を分解して溶かします。さらに、この効果をより高めるために、アルカリ剤が配合されており(水酸化カルシウムが使われることが多いです)、これが、肌に刺激を与えます。
人間の皮膚も、タンパク質でできているため、きちんと使用方法を守って使用しないと、肌トラブルの原因になります。お肌の弱い方は、使用には慎重になったほうがいいでしょう。長期間、定期的に使用するのは、お肌にもそうとう負担がかかりますので、本格的に脱毛したい方は、サロンなどで永久脱毛を考えられたほうが良いでしょう。とりあえず旅行前に一時的に処理したいとか、そんな使用がおすすめです。

剃毛のメリット・デメリット 剃毛のメリット・デメリット はコメントを受け付けていません。

ムダ毛の自己処理の方法として、代表的なのが剃毛です。
剃って行う自己処理は、初期費用が安い事がメリットです。
カミソリ等であれば数百円程度で購入可能ですし、女性向けの電動シェーバーであっても数千円程度で購入可能で、一度購入すれば壊れるまで使う事が可能です。
ですから、ムダ毛の手入れをしたいと考えたら、手軽に始める事ができます。
そして、剃った後の肌は、すぐにムダ毛のない綺麗な状態になるという即効性もあります。
ただ、剃って行う自己処理はデメリットもあります。
それは、何度剃っても、毛がまた生えてくる事です。
どれだけ綺麗に剃っても、剃る事ができるのは肌の表面に出ている毛だけです。
ですから、時間が経てば、すぐに肌の表面に毛先が出てくる事になり、その度に処理が必要になります。
更に、剃って行う処理は、肌トラブルの原因を生み出す事もあります。
肌に負担をかけないように処理をしても、肌はストレスを感じてしまう上、知らない間に毛穴などを傷つけている事もあります。
毛穴の入口に傷がつくと、色素沈着や埋もれ毛等の原因となってしまいます。
そして、こうした肌トラブルは、自己処理を続ける間、ずっと続く事を覚えておく必要があります。

抜毛のメリット・デメリット 抜毛のメリット・デメリット はコメントを受け付けていません。

近年、ムダ毛処理を目的とする脱毛方法には脱毛クリームを肌に塗布することでムダ毛を溶かす方法や、黒い毛に対して反応する光を肌に照射することでムダ毛を処理していくレーザー脱毛法など様々な方法があります。その中でも、ピンセットや毛抜きなどを使用してムダ毛を毛根から引き抜くという「抜毛」という脱毛法があります。この脱毛法には時間や場所を選ばず手軽に脱毛することができ、脱毛後は次の毛が生えてくるまでの期間が長いというメリットがあります。その反面でいくつかのデメリットも存在します。健康的な毛を強引に抜いてしまうことで毛細血管を傷つけてしまう場合があり、この傷ついてしまった毛細血管が再生しようとした際に現状よりも太い血管になってしまうことあります。血管が太くなってしまうことで毛に対して今まで以上に栄養が行き届いてしまい、脱毛前よりも太い毛が生えてきてしまい、今まで以上にムダ毛が目立ってしまう場合があります。また、脱毛時に毛穴周辺の皮膚細胞を傷つけてしまう場合があり、その後皮膚細胞が再生する際に毛穴自体を皮膚が上から覆ってしまうことで、皮膚の中で毛が育ってしまう「埋没毛」を発生させてしまうことがあります。

脱毛の危険性について 脱毛の危険性について はコメントを受け付けていません。

小物03いま、脱毛サロンなどで施術を受ける方が増えています。
やはり、フラッシュという方式ですと痛みがほとんどないということ、さらに照射範囲が広いために時間があまりかからないということもあり、忙しい方には特に向いています。
医療系のレーザーなどで行って、痛みで挫折してしまった方がいるかもしれませんが、フラッシュでしたらその心配はありませんので大丈夫です。

しかし、こういった施術に関する危険性というものもないわけではないのです。
サロンなどではきちんと冷却をしたりしていますので、あまりそういったケースはないのですが、家庭用の物を使った時などに、きちんと冷却をしませんと、火傷などをしてしまうことがあります。それは気を付けてください。
取扱い説明書などをよく読み、間違いのないように行ってください。

医療系のクリニックになりますと、施術は医師が行いますので、万が一肌トラブルなどが起きてしまった時でも迅速に対応してもらうことができますので、安心です。
しかし、多くの場合は、火傷などが起こらないように万全の対策を持って行っていますので、あまり心配になることはないでしょう。
きれいな肌になることができますので、おすすめです。

ワックス ワックス はコメントを受け付けていません。

ムダ毛処理にはいろいろな方法があります。
自宅でできる方法としては、1番手軽な方法ですと除毛があります。カミソリや電気シェーバーを使うのですが、実は肌が弱い方にはあまりおすすめできません。一緒に皮膚を剃ってしまうことになりますので、肌荒れしやすいというデメリットがあるのです。
対する脱毛ですと、家庭用脱毛器を使ったり、エステサロンで行なったり、クリニックでレーザーをするという方法もあります。
自宅でもサロンでも行っているワックスという方法もあります。
これは、塗布した後にしばらくおいて、はがして脱毛するというものです。一気にやればそこまで痛みがないかもしれませんが、ほかの方法と比べますと若干痛みを感じやすいかもしれません。
また、抜けのこりができてしまう場合があるというデメリットもあります。

脱毛方法は色々ありますので、一番自分に合った方法を選ぶのが良いでしょう。
サロンやクリニックですと、通うという面倒くささはあるものの、永久的な効果を期待できるものもあり、以後のお手入れが必要なくなりますので、大変便利です。
また、フラッシュでしたら痛みもほとんどありませんので、安心して施術を受けることができるというメリットもあります。

光 はコメントを受け付けていません。

脱毛の種類には様々ありますが、最近の脱毛サロンで主流になっているのが『光脱毛』です。
この方法の特徴は、黒い色素にだけ反応する特殊なフラッシュによって脱毛を行います。
ジェルなどを塗った肌の上から照射していくだけで脱毛をする方法で、リーズナブルな価格で施術を受けられるとして若い女性を中心に人気の脱毛方法です。
以前主流だった方法だと施術までにムダ毛を伸ばしておく必要がありましたが、この方法は伸ばしておく必要がないので季節を問わずに施術を受けることができます。
反対にムダ毛が伸びすぎた状態で施術を受けると、伸びたムダ毛にも反応してしまうため脱毛効果が半減してしまったり、やけどや炎症な度肌トラブルの原因となってしまいます。
そのため施術の2日前までにムダ毛の自己処理をしてから来店する必要があります。
この方法は何度も施術を受けることで徐々に効果があらわれます。
ムダ毛の生え変わるサイクルに合わせて行うため、何回も受けて初めて大きな効果を実感することができます。
また、痛みが少ないことも特徴です。
輪ゴムではじかれる程度のバチッとした刺激くらいしか感じないため、痛みに弱いという人でも安心して最後まで通うことができます。

レーザー レーザー はコメントを受け付けていません。

医療機関では、レーザー光線を利用した脱毛施術が行われています。光線は、波長の長さによって特定の色や物質に反応する作用がありますが、その性質を利用し、青や赤、黒の色を感知して、集中的に熱を加えることで、組織を破壊することができます。その性質を利用し、黒色や茶色に反応する光線を利用し、毛に含まれるメラニン色素に熱を加え、毛根や毛根周辺にある毛母細胞などに熱を加えることで毛が再生しにくいようにします。もともとはホクロやシミ、ソバカスなどの治療に使われていましたが、ターゲット以外には損傷を与えない、メラニンにしか反応しないという性質がムダ毛にも効果があるということで利用されているのです。

この脱毛方法は、光線の種類によって適切な肌質、毛質が違うため、施術を受ける人に合わせて選択することで効果的に脱毛することができます。ただ、体のどの場所でも脱毛できるわけではなく、光線は黒いものに反応する性質があるので、色素が濃い乳首や性器、肛門周辺、濃いシミやアザ、盛り上がっているホクロなどにも光線を照射するとやけどなどの肌トラブルの原因になることがあります。

しかし、薄いシミやアザ、ソバカス、ホクロなどに光線が照射されることで無くなったり、顔全体に照射すると、薄いシミがなくなって色白になるという効果もあります。色素の含有量が少ない産毛などは毛根を破壊するだけの熱をため込むことができないため、あまり効果が期待できません。

ニードル ニードル はコメントを受け付けていません。

ムダ毛を永久脱毛する方法には数種類ありますが、その中のひとつにニードルを使った方法があります。
この方法は、毛の一本一本に針を刺し、そこへ電流を流して毛根を破壊します。1本1本を確実に処理出来ますので仕上りはとても綺麗です。狙った毛を確実に処理出来ますので、自分が気になる部分をピンポイントで脱毛する事が出来るという事と、レーザーや光では脱毛しにくい薄い色の毛や、肌の色が黒い人でも脱毛出来るというメリットがあります。
しかし、体の表面に生えている毛は、全体の30%と言われており、残りの70%はまだ肌の中にありこれから生えてくる物です。これらの毛が同時に生えてくる訳ではありませんので、生えてきた時に処理をする必要があります。何度もクリニックへ通う必要がありますし、施術時間も長くかかります。また、針を刺す時と電流を流す時の痛みが強いので、通院途中で断念してしまう人も少なくありません。この様な理由から、昔は主流で使われていた手法ですが、今はレーザー脱毛やや光脱毛が主流となっています。
しかしレーザー脱毛や光脱毛で脱毛しきれずに残ってしまった数本の毛を確実に処理する為に、永久脱毛の仕上げとしてこの施術方法を選ぶ人もいます。